読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEAD PRESIDENTS

日常とその他と、またその他。

DEAD PRESIDENTS

I'm out for dead presidents to represent me.

Apple Musicを使った方が良い理由 pt.2

こんにちは。

中学の頃に見たニュース番組で、北朝鮮金正日総書記の伝説特集みたいのをやっていて「若い頃、馬に乗って山を一つ飛び越えた事がある」という伝説を北朝鮮の民衆は信じているという話の時に、デーモン小暮閣下が「分かんないけど、それ、馬がすごいんじゃないの?」と言った回が好きです。

 

前回のコラム”Apple Musicを使った方が良い理由 pt.1”を読んでいただいた方ありがとうございました。音楽ストリーミングサービスの歴史を延々と語ったあげく、Apple Musicに一切触れないというタイトル詐欺をぶっかましましたが、今回はApple Musicの魅力をブラックミュージック好きの観点から語りたいと思います。

様々なジャンルの三千万曲が聞き放題!

まず、Apple Musicとは、iTunes Music Store等のネット上における音楽をデータとして販売するという形態を牽引してきたApple社が提供する音楽ストリーミングサービスであり、前回書いたような、いわゆる定額制のサービスと同じで、月々980円(個人プラン)でApple Music上に提供されている音楽が聞き放題になるというサービスです。

f:id:SHAKARA:20160307155909j:plainApple MusicApple社が提供する音楽ストリーミングサービス

Apple Musicを利用出来るデバイスは以下の通りです。

基本的に世の中の人が利用しているであろうPCやスマホ等でほとんど利用出来るサービスです。

Apple Musicに登録する事によって、Apple Musicライブラリに登録されている楽曲が聞き放題になります。Apple Musicライブラリ」とは、Apple社がストリーミングサービス用に提供しているオンライン上の音楽ライブラリで、様々なジャンル、アーティストの楽曲が三千万曲以上が登録(サービス開始時)されています。これらが聞き放題になるわけです。

ブラックミュージックの配信曲が豊富!

それら三千万曲の楽曲ですが、正直、邦楽の配信曲は少なめです。日本におけるメジャー作品は一部しか配信されていません。なので、邦楽好きの人にとっては、あまりオススメ出来ません。LINE MUSICAWAの方が国産のサービスである以上、邦楽は強そうです。

しかし、逆に洋楽はかなり豊富です。特に、HIP HOPやReggae、R&B等のブラックミュージックはかなーーり豊富です。ほぼ思いついて探してみて、無かった曲は無いです。

f:id:SHAKARA:20160316195234p:plain例えば、"Buju Banton"で検索すると、これらが全て聞き放題。つまり、これはFREE BUJUなのだ!

レゲエの名盤やHIP HOPの名盤などの噂を聞きつけたら、その場でその曲を聞けるワケです。今までは、そのような状況でYouTubeでチマチマ聞いていた曲が、遥かに優れた音質で曲単位どころかアルバム単位で聞ける訳です。

プレイリストがヤバい!

このように、それぞれのアーティストの作品を一つ一つ検索して聞くという、これまでレコードショップでしてきた事がオンライン上でしかも定額で可能になっている訳です。

しかし、Apple Musicの本当のすごみはこれだけではありません。Apple Musicには「プレイリスト」というものが存在します。(他ストリーミングサービスにもありますが)

「プレイリスト」とは、アーティストの代表曲がまとめて聞けたり(はじめての〜シリーズ)、今の気分や状況に合うような曲をまとめて聞けたり(アクティビティプレイリスト)、年代別に流行っていた曲がまとめて聞けたり(年代別プレイリスト)するシステムです。

f:id:SHAKARA:20160316200543p:plain

アクティビティプレイリストは、今の気分や状況に合った曲をまとめて聞く事が出来る。クッキングに関しては、PUFFYが出てきたりします。クッキングする前にカニ食べに行ってしまうわ。

この「プレイリスト」 がすごいのは、今までは知らなかった"自分が好きな"アーティストや楽曲と出会える事です。

ある一曲が好きになり、そのアーティストの曲を聞いてみたいけど、アルバムもいっぱいあるし、どこから聞けば良いか分からない。というような時に、このプレイリストを利用する事で、そのアーティストを気軽に掘る事が出来ます

また、誰しも「この曲が好きなんだけど、似たような感じの曲知らない?」とか「こんな雰囲気に合う曲知らない?」となった事はあると思います。それらの疑問に高次元で回答してくれるのが、このプレイリストというシステムです。

自分の好きな曲が入っているプレイリストを頭から再生すると、自分が好きな雰囲気の曲が場の状況に合わせて再生され、さらに新たな"好きな"曲と出会う事が出来ます。もうYahoo知恵袋に質問しなくていい訳です。

自分の好きな曲を学習してくれる!

このようにApple Musicでは、様々な使い方があり、その結果として、まだ見ぬ楽曲に出会えたり、好きなアーティストをより深く掘れたりして、自分の音楽の幅が広がって行く訳です。

さらに、このApple Musicがすごいのは、その人が聞いている曲やアーティスト、ジャンル等を学習し、その人が好きであろう曲をオススメしてくれる事です。つまり、一人の好きなアーティストや曲を見つけたら、それ以外のその人が好きであろう楽曲やアーティストにただ好きな曲を聞いているだけでドンドン出会う事が出来るのです。 

 f:id:SHAKARA:20160324163909p:image 

”For You”はその人が好きであろう曲やアルバム、アーティストをオススメしてくれるサービス

つまり、前述したような"好きなアーティストをより深く掘ってくれるサービス"や"好きな曲を学習して、さらにオススメしてくれるサービス"が合わさる事によって、単純により音楽に詳しくなる事が出来ます。

Apple Musicは最高のブラックミュージックのDigり場

そして、このプレイリストというシステムにおいて、個人的に一番すげーと思ったのは、自分が好きなアーティストのルーツやそのアーティストが与えた影響を知る事が出来るプレイリスト(影響を与えた/影響を受けた サウンドシリーズ)が存在する事です。

f:id:SHAKARA:20160324173625p:image

影響をうけたサウンドシリーズは、自分が好きなアーティストが聞いてきた曲を知る事が出来る。

自分に好きなアーティストがいて、そのアーティストが聴いてきた曲や、そのアーティストに影響を受けた後世の楽曲等は、嫌いであるはずが無く、より好きな音楽に出会えるのです。例えば、EMINEMを聞いていると、ドレーからケンドリックラマーまで、果てにはN.W.AやMobb Deep等のクラシックにまでたどり着く訳です。

特に、リメイクやサンプリングが多く用いられているブラックミュージックについて言えば、これを聞くと、うわーあの曲リメイクだったのかよ!とか、これあの曲にサンプリングされてね?と、新しい発見が止む事はありません。(もっと言えば、サンプリングやリメイクされている楽曲ばかり集めたプレイリストもあります。)

Apple Musicの豊富な楽曲数と知識に裏打ちされたこれらのサービスによって、それぞれの音楽に対する探究心が素人玄人問わずに自然と刺激されて、より音楽に接する機会とそれぞれの音楽の幅が広がるのは間違いないでしょう。そして、忘れてはならないのが、これらが月額980円で実現されているという事です。

音楽の新たな形

まだまだ紹介したいサービスはありますが、これまで書いてきたようにApple Musicはかなり魅力的であり、それが安価で提供されている事によって、確実に今後の音楽の聞き方が左右されるであろう新しい媒体である事はお分かりいただけたと思います。

もちろん、このストリーミングサービスには賛否両論あるのは当然でしょう。アメリカではこのサービスが"Buffet (ビュッフェ)"と表現されますが、これまでは、商品としてが2000〜3000円でアルバム一枚単位で取引されていた物が月額980円払えば"食べ放題"になってしまったわけです。

しかし、これまで"無料"でしかも"違法"にまずい飯(音質が悪い)を食べていた人たちに、月額980円で合法的に美味い飯を食べれる場所を提供出来るようになった訳です。しかも、普段カレーしか食べてない人に、意外とラーメンもうまいよ?と食べられる幅まで広げてくれるのがこのサービスです。

ただ、やりすぎるとKanye Wastの新作のように、より違法ダウンロードを促進する事になります。

japanese.engadget.com

個人的には、このサービスでより音楽に深く接する事によって、逆に音楽に対する物欲が刺激されてCD等の購入に動いたり、LIVE等の動員数が増加したり、今後の音楽業界に良い点がかなりあるのではないのかと期待しています。だって、これまで狭い視野で音楽を聴いていた人たちに、こんな音楽もあるよ!音楽のこんな楽しみ方もあるよ!と大々的に提案できるプラットホームが出来た訳ですから。今後の動きに期待しましょう!

以上!あざっした!

Apple Musicを使った方が良い理由 pt.1

 
こんにちは。
彼氏が出来た途端に急に付き合いが悪くなり、妙に上から目線で男に接するようになった女友達に対して、「お前が登ったと思ってる階段、そんなに高くねぇぞ?」と言い放った私の友人(男)にはもう3年も彼女がいません。
 
最近は、時代とともに世の中の音楽の接し方が変わってきまして、レコードがCDになり、そして今やストリーミングという形で音楽が発表されるようになってきました。
 
まぁ業界的には賛否両論(こんなもん、音楽に価値が無いって言ってるようなもんじゃねぇか等)がある音楽ストリーミングサービスですが…
 
先日、これまでYouTubeからアプリで音楽を落として(違法です!)聞いていた男友達が、最近AWAに登録して音楽を聴いているとのことで、「なんで(今まで無料で聴いていたのに)ストリーミングサービス(月額払って)で聴くようになったの?」と聞いてみると、
 
f:id:SHAKARA:20160227000952j:plain
AWAサイバーエージェントとエイベックスが出資する国産のストリーミングサービス
 
"だって、YouTubeの音源って音質悪くね?しかも使い勝手悪いし、だったら金払ってもAWA使うわー" と、カシオレを片手に語っていて、ストリーミングすげーーっ!!と静かに感動したわけです。
 
私自身もApple社のストリーミングサービス"Apple Music"の提供開始と同時に登録して、ずっと使ってますが、ハッキリ言って、これは"未来"です。
その友達の意見や、自分自身が使ってみて、賛否両論あるけど、あれだけ違法ダウンロードが蔓延してた現代において、はるかに音楽に貢献してね?と思ってしまった次第です。
 
とまぁそれ以前に、リスナー側でも作り手側でも、音楽に携わる人間として、これ知らないのは"ヤバイ"です。おそらく。

ところで、ストリーミングサービスって何よ!?

とは言え、最近始まった音楽ストリーミングサービス。まずそれ自体良くわかってない人が多いかもしれません。

簡単に言えば、ストリーミングサービスとは、月額料金を支払うと楽曲が聞き放題になるという定額制音楽サービスです。

日本で利用出来る(日本語で提供している)主な音楽ストリーミングサービスは、

これらのサービスが挙げられます。

自分は、Apple Music以外使った事ないので、特に各社の比較とかは出来ないしする気もないので、そーゆーの興味ある人は以下の記事読んでみてください。

www.shellbys.com

この近年爆発的に増加する音楽ストリーミングサービスですが、その歴史としては、天才起業家ショーン・パーカーらが開発した伝説的な音楽サービス「Napstar」が、大きく展開されたストリーミングサービスの元祖であると言われています。

 

f:id:SHAKARA:20160227005443j:plain

※1991年に天才起業家ショーン・パーカーらによって開発され、その後物議を醸す結果となったNapstsr

Napstarとは、1991年に設立され、2003年にアメリカで提供開始されたサービスであり、月々の定額で音楽を聞き放題という、現在のストリーミングサービスそのものでした。しかし、当時としてはあまりにも斬新すぎたため音楽業界やレコード会社から強く批判され、著作権侵害の裁判まで起こされる結果となります。

ちなみに、ネット上で音楽をデータとして販売したApple社の「iTunes Music Store」が、サービス提供開始したのも同じ2003年です。そこから考えてもNapstarがいかに早すぎたかお分かり頂けるでしょう。

そのような影響もあり、日本にも一時期進出したNapstarでしたが、あまり大きく展開される事無くサービスを終了してしまいます。

ちなみに、Napstarの開発者の一人であるショーン・パーカーは、後にFacebookの初代CEOとなります。ようは、もう才能が溢れちゃうわけですね。止まらないんですよね。よく分かります。

f:id:SHAKARA:20160227005723j:plain

Facebook誕生の裏側を描いた映画「ソーシャル・ネットワーク」では、ジャスティン・ティンバーレイクがショーンパーカー役を演じてましたね。私の伝記映画がやる時は、成宮寛貴氏にお願いしようと思っています。

まぁそんなこんなで一度は消滅してしまった音楽ストリーミングサービスですが、その後新たなサービスが生まれます。それが「Spotify」です。(現状、日本ではまだ利用不可)

Spotifyは2006年にスウェーデンで創業され、2008年にサービス提供開始されたサービスです。Spotifyは開始から一年足らずでヨーロッパの中高生を中心に800万人ものユーザーを獲得し、ブームとなります。

2011年にはアメリカにも進出し、ユーザーを増やし続け、現在では7500万人ものユーザーがいると言われています。

この爆発的に広まったSpotifyですが、当然Napstarと同じように批判の的になります。しかし、Napstarの時より少しだけ時代が進んだ世の中で、どうやら普通に音楽やってたら飯食えないぞ?と気付き始めたヨーロッパの若手バンドたちがこぞってSpotifyから楽曲を発表し始めます。

f:id:SHAKARA:20160227014404j:plain

スウェーデンで設立され、世界中で爆発的にユーザー数を増やし続けるSpotify

ただでさえ儲かっていないレコード会社に、自分たちのテープを送ってチャンスを待つんだったら、Spotifyで発表した方が宣伝効果あるっすよね?となった訳です。

だって、Spotifyには何千万人という中高生ユーザーが集まっているのですから。

闇雲に発表して、チャンスを待つよりは遥かに宣伝効果があるでしょう。

実際、イギリスのあるバンド(すいません、名前は忘れました。)は、Spotifyでの口コミで人気を集め、CDはほとんど売れていないのに、LIVEでは数千人を集客する。という事例もあるぐらいです。

音楽が好きだから、違法ダウンロードしてる??

そもそも、前述の私の友人のように、違法ダウンロードで音楽を聞いていた人間は、決して音楽が嫌いだから違法ダウンロードしているのではなく、好きな音楽がタダで聞けるから違法ダウンロードしている訳で、音楽が好きであるということに代わりは無いのです。(まず、嫌いなら、違法ダウンロードすらしないでしょ?)

そのようなリスナーに安価で使い勝手の良い音楽サービスを提供出来れば、より音楽業界に可能性が広がる訳です。

このSpotifyの成功によって、世の中の音楽に対する価値観が変わり始め、様々な世界的企業が、この音楽ストリーミングサービスに興味を持ち始めます。

最近では、世界的なHIP HOPアーティスト/実業家である「JAY−Z」までもが参入し始めるという、いま最も加熱している音楽ストリーミングサービス市場。

と、全然本題のApple Musicに入れていませんが、ここら辺でマジで飽きてきたので、また続きは今度書きます。 


次回、「我々Black Music好きにとって、Apple Musicは最高のDigり場である。」(Apple Musicを使った方が良い理由 pt.2)

気が向いたら書きます。。。

バイト先で起こった世にも奇妙な話をしてあげるからこっちおいで。

静かにブログ始めました。ははは。

南海キャンディーズの山里氏が「ブロガーが大きな行間作るのは、空白が無くなった時に文才が無いとバレてしまうのが怖いからだ。」と以前言っていたので、行間短め、空や景色の写メは無しで行きたいと思います。


今回は、今から数ヶ月前に、バイト先で起こった非常に奇妙な話を聞いていただきたい。

私はバイト先では、ある程度の能力と持ち前の人当たりの良さでそれなりの地位を築いている。
そんなバイト先の同僚に、いわゆるオカマに属する男性(以下、Kちゃん)がいる。


Kちゃん曰く、歌舞伎町の隣の新宿二丁目でゲイのPartyがたまに催されるらしい。

私は、レゲエ界の中でもバティマンに対しては比較的に理解ある人間なので、とても仲良く接していました。

数ヶ月前、新しく男の子が入ってきた。
その子の初出勤の日。緊張した表情でバイト先に現れた瞬間、Kちゃんがその子の目の前に立ちはだかり指を指す。

「あんた、オカマでしょ。」

全員が息を飲むのが分かる。こいつはなんという失礼な事を言うヤツだ。
初出勤のヤツに対してそのような公開処刑など許されるはずが無い。

「え、はっはい…」

なんと本当にオカマだったのだ!
その新人は、本当は同性愛者である事を周りには隠し、このバイト先で働こうとしていたらしい。

「こんな人がいてよかった!今日からあたしさらけ出す!よろしくお願いします♡」

彼(いや、彼女か。)はそう宣言し、和気あいあいとKちゃんやその他みんなと打ち解けて行く。
そんなKちゃんの選球眼に一同が驚かせれて数日が経ち、新人さんも仕事に慣れてきた頃、

「友達で、ここで働きたいって人がいるんですけど!」

ある日、その新人はそう言いだした。

「そいつもオカマ?」

Kちゃんは見下したような目線でそう問う。

「そうだよ!横浜に住んでる〇〇っていう子!」

新人はそう返す。

その時、なぜかKちゃんが一人ざわつき出す。

「もしかして、下の名前は△△?」

Kちゃんは焦りながら、身を乗り出し、新人にそう聞く。
我々は行く末をただただ見守る。頭の中は??である。

「そうだよ!横浜に住んでる〇〇△△だよ!知ってる?」

新人が不思議そうな顔で問いかける。
Kちゃんは思いつめた表情で、こう呟く。

「知ってる。元カレ。」

場は静寂に包まれる。みんな、何が起こっているのか理解していないのだ。

「それが初体験の相手?」

静寂にしびれを切らした誰かがそう聞く。焦りすぎて完全に質問が見当違いだ。
Kちゃん(Kちゃんは、自分の事を"あっし"と呼ぶ)は見下したような目線で、

「いや、あっし、初体験小6なんで。」

なんということだ!! 正常な性感覚を持つ男性平均よりも遥かに早い。

「しかも、こいつのはデカくて入んなかったんで。」

Kちゃんは"受け"なのであった。