読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEAD PRESIDENTS

日常とその他と、またその他。

DEAD PRESIDENTS

I'm out for dead presidents to represent me.

2016年にシャカちゃんが聞いたアルバム part.2

少し前に、水曜日のダウンタウンで、宇多田ヒカルのFirst Loveが"だろう"の部分を"だはー"と歌っているのが話題になっていたが、ハッキリ言って、世間は遅すぎる。俺は小学生の時にすでにこの件に関してはツッコんでいた。

曲を聞いてから歌詞を見ると、確実にこんな事言ってねぇよ!とツッコミたくなる曲が世の中には溢れている。もはや耳だけでは判別が難しい。宇多田ヒカルはまだマシだが、PUNPEE氏の曲なんかにいたってはもはや不可能である。確実に歌詞通りに歌っていない。そう歌うことにこだわりすら感じているレベルである。

 

しかし、明確に理解出来る事が全て良いとは限らない。結局は"それっぽい"のが良いのである。オシャレなお店でオシャレな英語の曲がかかっている。ただ、耳に入ってくる英語の歌詞が明確に理解出来てしまうとそれがオシャレなのかは微妙である。やはり、オシャレっぽいという段階で止まっておきたい。

よく日本の結婚式でかかる定番のあの曲は本当は失恋の歌だとか、音楽じゃ無くても、洋服に書いてある英語がメチャクチャだとか。それこそ英語じゃなくても、外人が"便所"というタトゥーを入れているとか。様々な"それっぽい"物が、明確に理解出来る人間によって嘲笑の対象にされている。ハッキリ言ってそんな事はどうでもいい。本人はそれで幸せなのだ。明確な知識は知ったこっちゃない。結局"それっぽい"のがいいのである。

 

ただ、宇多田ヒカルの"だはー"で全てを分かってください感は見習うべきである。"だろう"と歌うべきところを"だはー"ということによって様々な感情や背景を連想させる。なによりも確実に"だろう"よりも耳障りがよい。

この技術は日常生活にも応用すべきだ。言いづらい事をこの技術を用いて発言する事によって世の中はもっと上手く回ると思う。

彼女に別れを告げる時には「他に好きな人が出来たはー」という事によって解決する。彼女が全てを察する。"はー"で全てを分かってください界では破局のゴタゴタはない。

バイト先にやめると告げる時も「来月いっぱいでたはー」と言うだけだ。これによって、辞めると言いづらくていきなり飛ぶクソ学生が大幅に減る。

世の中は確実に上手く回る。

 

知るかっ!!

 

というわけで、2016年にシャカちゃんが聞いたアルバムを紹介の第二弾。

前回はレゲエだったんで今回はHIPHOPを紹介。

去年は、N.W.Aの映画が公開されたりDreが16年ぶりにアルバムを発表したり、Kendric LamerのTo Pimp A Butterflyが鬼だったり、Comptonを中心にWestSide勢の勢いが止まらなかった感じですが、今年はNY勢も元気。個人的な胸熱な作品も多かったすね。もちろんJapaneseも。それではご紹介。

Kanye West / The Life of Pablo

Kanye Westの8枚目。近年は、鬱病になったって言い出したり、トランプが当選してから実は俺はトランプ支持だったって言い出してブーイングを受けたり、お騒がせまくりなカニエですが、もう今回のアルバムも良い悪いは置いといて話題性という点では満点。

次回作のタイトルが”The Life of Pablo”だと発表された時から全米では、パブロエスコバルの事?パブロピカソの事?と取り沙汰されていましたが、フタを開けてみれば新約聖書の著者である使徒パブロの事だという事で、カニエ本人も、今回のアルバムはHIPHOPじゃなくてゴスペルだ!と発言。前作では、俺は神だと発言していたのに。

さらには、4曲目の"Famous"ではTaylor Swiftに対して「俺があのビッチを有名にしてやったんだ。いつでもヤれるぜ。」とライム、テイラーそっくりの蝋人形がヌードで登場しカニエやその他とベットインしているという頭がおかしいとしか言いようがないMVまで発表。(トランプの蝋人形や奥さんのキムカーダシアンまで蝋人形化w)

そもそも、2009年のMTVビデオ・ミュージック・アワードで、ビヨンセを押さえて最優秀女性アーティスト賞を受賞したテイラーのスピーチをカニエが妨害し「いやビヨンセやろ」と、テイラーのマイクを奪って叫ぶ事件が起きていて、今回の歌詞で、カニエは再び因縁を蒸し返す。無許可でMVにまで登場させるの頭おかしすぎるだろ笑 

ただ、今回のアルバムのゴスペルにラップ乗っける感じは個人的にはすごい好きだった。Famousもシンガーパートはリアーナが担当していて、Sister NancyのBamBamが突然サンプリングされてたり、話題性には事欠かない。

Kanye West / Famous

Chance The Rapper / Coloring Book 

このアルバムは今年すごかったすねー。シカゴ出身のアーティスト"Chance The Rapper"が発表したMix Tape。なんとApple Musicを中心に基本的にはアルバムごと"無料"で公開され、フリーでのアルバムは対象になっていなかったグラミー賞まで動かし、ノミネートされる可能性もあるという快挙。今年は"Frank Ocean/Blonde"やそれこそ"The Life of Pablo"(これは失敗と言われていますが、)と相まって、ストリーミングが爆発的に増加している現代において、今後の楽曲リリース形式を左右すると言って過言ではない快作ではないでしょうか。

前述のKanyeWestと同じく、シカゴ出身の彼ですが、共通点はそれだけではなく、このアルバムもゴスペルを基調としたサウンドで展開されるアルバム。そもそもどっちのアルバムにも両者が客演で参加してるし、なんかゴスペルってシカゴという土地柄に何か影響してるのかな?わからんけど。

しかし、年齢調べて見たら俺の一個上!リルウェインを客演に迎えた"No Problem"は日本のクラブでもガンガンかかってたし、個人的にはT-Painを客演に迎えた"Finish Line / Down"のメロディアスなラップがすごい好きでした。ありがとう。

Chance the Rapper feat. 2 Chainz & Lil Wayne / No Ploblem

A Tribe Called Quest / We Got It from Here... Thank You 4 Your Service

はいきました。俺の青春であり説明不要"A Tribe Called Quest"の最終作。昨年残念ながら亡くなってしまったファイフの意思を継ぐ最終作が突然の発表。そもそも自分がほぼレゲエしか聞いて無い中高生の時にHIPHOPってこんなオシャレなんだと思わせてくれたのは、Q-Tipの"The Renaissance" というアルバムに入ってたノラジョーンズとの"Life is Better"という曲でした。

Q-Tip feat. Norah Jones / Life is Better

そこからトライブをガーッと聞き始め、HIPHOPも聞いて行くようになる訳ですな。(俺は、Check The Rhymeが好き。みんなは?)

そもそもQ-Tipと昨年死去したファイフとの関係が最悪になり、レーベルとのアルバムを4枚制作するという契約を後1枚残しながら、事実上の活動休止。最後のアルバム作ってるのか作ってないのか不明のままファイフが死去してしまうという状態に陥りました。

その後、音沙汰なかったのに突然のラストアルバム発表。正直、これまでの制作でボツになった曲をかき集めた感じかなと思っていたら、そんな事無くて、完成度も申し分ない。ファイフの声で"Trump"というワードが出てきたり、そもそも最後の曲が"The Donald"だったり、最近ちゃんとレコーディングしてたんだなという感じ。

レゲエをサンプリングしている"Black Spasmodic"や、坂本龍一等が参加していたバンドKYLYNの曲をサンプリングした日本人としてはうれしい"Conrad Tokyo"(Kendric Lamerも参加!)等、全盛期の完成度でお届け。

A Tribe Called Quest feat. Kendric Lamer - Conrad Tokyo

C.O.S.A × KID FRESINO / Somewhere

Somewhere

Somewhere

  • C.O.S.A. × KID FRESINO
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1800

最後にちょこっと日本人の作品を。今年おそらく一番聞いた日本人の作品はこのアルバムでした。FlashbacksのKID FRESINOと知立のラッパーCOSAのコラボアルバム。レーベルが安心と安定のSUMMITからのリリースで、PUNPEEも参加してるしもう完成度は間違いない訳ですはい。

あんま考えすぎないリリックのKID FRESINOと熱めのCOSAにjjjのトラックって感じで、オシャレ過ぎ。みなさんもぜひ聞いてね。(KID FRESINOも一個上!)

C.O.S.A × KID FRESINO / Swing at somewhere feat. コトリンゴ

 

最後ちょっと雑じゃねって思うんだけど、書くの疲れたし、ちょっとKID FRESINOの髪型パクってるからあんま言及したく無いんだよね。

日本人は他にも、KandyTown関連の作品もすげぇ良かったですな。USも他にはAnderson Paak.のアルバムかっけかったー。DrakeのViewは?とか、ケンドリは?とか意見あると思いますが、全部書けないんですいません。(そもそもDrakeはなんか顔が腹立つんで聞いてないです。)